自分の結婚線を知って、良縁を手に入れよう!

手相の結婚線を見れば、良縁の予感について知る事ができますよ!

結婚線は小指の付け根の下辺りから横へ伸びる手相の事ですが、結婚線が1本で上向きだった場合には良縁に恵まれるという意味なのです。

結婚線が長くて金運線と合流している場合には、玉の輿が狙えるという暗示ですよ。

結婚線が3本以上出ていたら超レアな手相であり、この手相を持っている人はモテると言われていますが、浮気線という見方もあるためお相手がこの手相だったら注意しましょう。

太陽線と呼ばれる薬指の下に出る手相と結婚線が交わっていたら、異性との出会いにより出世が期待できるのだそうです。

結婚線が見当たらないという場合には、結婚線は変化が多い手相だと言われているため自分自身の行動次第で運勢を変えて良縁を手に入れましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top