保護者なら知っておくべき、スクリーンタイムの機能

周囲の子どもが持っているから、自分の子どもにもスマホを買い与え用と考えている方もいるかもしれせんが、スマホには様々なリスクが潜んでいますから、やっておくべき設定についてご紹介いたします。

iPhoneの新しいOS12から搭載された新機能のスクリーンタイムでは、使用したアプリや使用時間を可視化して知る事ができますし、スマホの休止時間を設定する事ができますから、使ってほしくないアプリなどを任意で選ぶ事ができるのです。

コンテンツとプライバシーの制限では、不適切なコンテンツをブロックする事ができるとのことですから、ファミリー共有している子どもに対してスマホを使用する時間を制限ができると言われていますから、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る