格安スマホの性能と機能を理解しよう

大手から発売されているスマホだけでなく、最近では格安で手に入るスマホも人気になっていますので、格安のスマホの機能や性能を見てみましょう。

大手のスマホと格安スマホでは、電池の持ちや使用できるアプリに違いはなく、大手のスマホよりもトータルで安く購入できるため、格安と呼ばれるようになったのだそうです。

格安スマホのほとんどは、グーグルが中心のAndroidを採用しており、性能にはほとんど差がないのです。

異なる点といえば、処理速度などに影響しているCPUは、大手の物の方が品質が良くて格安スマホは普通の質の物が一般的だそうです。

よくあるワンセグやお財布機能が省かれていたり、日本ベースの改修を少なくして海外ベースの端末として販売しているのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る